loobsdgscamp_logo
loobsdgscamp_logo
\ 説明会開催中 /

ABOUT

2023年春(3/13~3/25)開催!

SDGsに興味のある
参加者大募集!

SDGs共創キャンプはフィリピン・イロイロ市を舞台に、フィリピンと日本から15名ずつ集め、計30名で一つのチームとして行う13日間のリーダーシップ育成プログラム。

今回のテーマは “WE CAN MAKE THE WORLD BETTER“。
現地での活動後は一人一人がその経験を周りに伝え、変化を起こしていくリーダーとなることを目標としています。

SDGsを学びたい方、自身の英語力やリーダーシップを試したい方、ぜひチャレンジしてみませんか?

ABOUT

2023年春(3/13~3/25)、開催決定!

SDGs リーダー大募集!

SDGs 共創キャンプはフィリピン・イロイロ市を舞台に、フィリピンと日本から15名ずつ集め、計30名で一つのチームとして行う13日間のリーダーシップ育成プログラム。

今回のテーマは “WE CAN MAKE THE WORLD BETTER”
現地での活動後は一人一人がその経験を周りに伝え、変化を起こしていくリーダーとなることを目標としています。

SDGs を学びたい方、自身の英語力やリーダーシップを試したい方、ぜひチャレンジしてみませんか?

ABOUT

2023年春(3/13~3/25)、開催決定!

SDGsリーダー大募集!

SDGs共創キャンプはフィリピン・イロイロ市を舞台に、フィリピンと日本から15名ずつ集め、計30名で一つのチームとして行う13日間のリーダーシップ育成プログラム。

今回のテーマは “WE CAN MAKE THE WORLD BETTER”
現地での活動後は一人一人がその経験を周りに伝え、変化を起こしていくリーダーとなることを目標としています。

SDGsを学びたい方、自身の英語力やリーダーシップを試したい方、ぜひチャレンジしてみませんか?

ABOUT LOOB

主催団体について

現地の人と共に学び成長する

NGO LOOB(ロオブ)は、2001年から20年以上、フィリピンで青少年育成とコミュニティ開発を行っている非政府組織(NGO)です。

LOOBの強みは、現地密着型のNGOだからこそ持つ、現地との信頼関係と強固な繋がりを基盤にして”幅広くも奥深い”ワークができること。

コロナ渦での海外渡航に不安を抱かれる方もいるかと思いますが、貴重な学生期間中に海外活動に挑戦したいと思う皆さんを、現地LOOBスタッフが万全な体制でサポートします。

ngo loob logo

FEATURES

SDGsってどんなキャンプ?

キャンプの3つの特徴

今回のSDGs共創キャンプでは、LOOBがこれまで取り組んできた貧困削減と環境保護の二つの領域にてフィールドワークを行います。

異文化交流のほか、社会課題を題材にした様々なワークへ取り組み、最終日に共同宣言として学んだことをまとめます。

帰国後は国内研修を実施し、参加者の皆様にはアンバサダーとして成果の発信活動をしていただきます。

loob8

貧困削減×環境保護

社会課題、特にプラスチックによる土壌・海洋汚染の解決に向けた取り組みを実施

ワーク× 異文化交流

同世代のフィリピン人の学生と共同生活を行いながら、様々なアクティビティを行い学びを深める

共同宣言×発信活動

帰国後は現地での経験を周りに伝え、より多くの人が課題に興味を持ってもらえるよう発信する

loob10

POINT!

こんな方におすすめ

01.

国際協力/SDGsに関心がある

レクチャーとボランティアがセットになっているので、知識と体験をバランスよく得られます。

02.

英語力を鍛えたい

フィリピン(英語を共通言語とした環境)での活動やディスカッションを通して英語力や英語を使ったリーダーシップを鍛えられます。

03.

新しいことに挑戦したい

現地の子ども達、青少年、コミュニティとの関わり方が深いので、自分だけでは知らない/行けないようなエリアにも踏み込むことができます。

PROGRAM

現地でどんなことをするの?

プログラムの概要

舞台はイロイロ

活動場所はフィリピンの西ビザヤ地方にある都市、イロイロ市です。ビサヤ地区の中では最も古い歴史を持ち、経済の中心地としても発展しています。

(東南アジアで最も安全な都市トップ8位!)

loob12

POINT!

フィリピン人メンバーと共同生活をしながらボランティア活動。初日はメンバーと打ち解けるために様々なTeam buildingを行います。

Field work

貧困・環境問題の観点を持っての町中散策、スモーキーマウンテンやコミュニティライブラリーの訪問、ビーチクリーニングなど、様々なフィールドワークを行います。

loob7
img_2

POINT!

海洋保護活動や現地の学校訪問など、日本で経験できないことばかり!

Workshop

貧困問題、プラスチック海洋汚染問題について、現地メンバーと学び合い、SDGsに向けたアクション案を深めます。

loob5
img_14

POINT!

休日はフリータイム!
予習や買い物をしたり、仲間と交流したり、自由に過ごせます。

共同宣言の作成

キャンプの終盤にかけて、キャンプで学んだこと・帰国後問題解決のためにどういう活動をするのか、30 人で 1 つの文書を作成します(英語)

loob2
loob14

POINT!

最終夜はFarewell party!メンバーや、関わった全ての人たちに感謝を伝え合い、日本へ帰る準備をします。

PROGRAM

現地でどんなことをするの?

プログラムの概要

舞台はイロイロ

活動場所はフィリピンの西ビザヤ地区にある都市、イロイロ市です。ビサヤ地方の中では最も古い歴史を持ち、経済の中心地としても発展しています。

(東南アジアで最も安全な都市トップ8位!)

loob12

POINT!

フィリピン人メンバーと共同生活をしながらボランティア活動。初日はメンバーと打ち解けるために様々なTeam buildingを行います。

Field work

貧困・環境問題の観点を持っての町中散策、スモーキーマウンテンやコミュニティライブラリーの訪問、ビーチクリーニングなど、様々なフィールドワークを行います。

loob7
img_2

POINT!

海洋保護活動や現地の学校訪問など、日本で経験できないことばかり!

Workshop

貧困問題、プラスチック海洋汚染問題について、現地メンバーと学び合い、SDGsに向けたアクション案を深めます。

loob5
img_14

POINT!

休日はフリータイム!
予習や買い物をしたり、仲間と交流したり、自由に過ごせます。

共同宣言の作成

キャンプの終盤にかけて、キャンプで学んだこと・帰国後問題解決のためにどういう活動をするのか、30 人で 1 つの文書を作成し、発表します。(英語)

loob2
loob14

POINT!

最終夜はFarewell party!メンバーや、関わった全ての人たちに感謝を伝え合い、日本へ帰る準備をします。

SCHEDULE

現地スケジュール/プログラム(予定)

プログラムの行程は12泊13日。2023/3/13/~3/25の日程で開催されます。

※現地活動の流れはあくまで想定です。現地にて変動する場合がございます。

※現地活動期間以外に渡航予定のオンライン事前研修を3回予定しています。

POINT!

こんな力が身に付きます

コミュニケーション能力

国籍男女混合、年齢もバックグラウンドも異なる仲間たちと一つのチームとなり活動します。キャンプなしには起こり得ない環境で過ごすため、あらゆる面でコミュニケーション能力が鍛えられます。

課題解決能力

短期間の異文化交流や共同生活の中では様々な壁にぶつかりますが、一つ一つ皆で協力してクリアしていくことで課題解決能力が身に付きます。

成果を出す力

チームは短期間の中で、一つの課題に対して考えをまとめ文書に仕上げます。自分が見たこと、感じたことを言葉にして積み上げていくことで、短期間でやり切る力が身につきます。

POINT!

こんな力が身に付きます

コミュニケーション能力

国籍男女混合、年齢もバックグラウンドも異なる仲間たちと一つのチームとなり活動します。キャンプなしには起こり得ない環境で過ごすため、あらゆる面でコミュニケーション能力が鍛えられます。

課題解決能力

短期間の異文化交流や共同生活の中では様々な壁にぶつかりますが、一つ一つ皆で協力してクリアしていくことで課題解決能力が身に付きます。

成果を出す力

チームは短期間の中で、一つの課題に対して考えをまとめ文書に仕上げます。短期間でやり切ることで力が身につきます。

VOICE

過去に開催されたLOOBプログラム参加者の声をご紹介します
"今回、SDGsに関する様々な知識や広い視点からの意見など、たくさんのことを吸収することができました。得た物の中で最も大きいものは、“変わるきっかけです。様々な側面におけるフィリピンの厳しい現状や参加者の皆さんの積極的な姿勢を目の当たりにし、私利私欲のために生きてきた自分を変えて社会や世界のために行動しなければ、という気持ちが確信に変わりました。そして、世界で起こっている問題に対して当事者意識を持ち、自分なりの解決策を考え、それを共有・発信し、そして行動に移すことの重要性を学びました。
過去SDGsプログラム参加者
大学生
LOOBはフィリピン人も日本人もwin-winになる事を強く意識している団体だと感じた。キャンプ中のプログラムでは英語での意思疎通という事に高いプライオリティをおき、アクティビティではフィリピン人キャンパーとペアになって行う事がほとんどだった。何より一番嬉しかった事は大切なフィリピンの友達が出来た事だ。これからは純粋に「友達に会いに行こう」と思える。お互いに助け合って今後も持続的に交流してきたいと心から思える。
過去キャンプ参加者
大学生

WANTED

募集要項

■ 概要

参加者12名を募集!
本プログラムは日本人15名、フィリピン人15名の合計30名で実施されます。

※日本人運営企画スタッフ3名が同行するため、残り12名の募集となっています。

■ 活動期間

✔︎ 2022年10-11月:オンライン研修

✔︎ 2023年1月: 渡航前オリエンテーション・事前研修

✔︎ 2023年3月13日~25日: フィリピン現地研修

✔︎ 2023年3月末: 国内事後研修、成果発表&アンバサダー活動

■ 応募条件

18歳以上の学生
(専門学校生、短大生、大学生、大学院生)
・全日程参加いただける方


 

■ プログラム参加費

研修費用:  9万円   6万円

+ 国際航空券約 12万円

※出発空港は成田空港となります。関西空港発を希望の方はご相談ください。
※本プログラムは2022 年度日本万国博覧会記念基金助成金の採択事業であるため、研修費の補助(3万円分)がございます。
※新型コロナウイルス関連の状況変更により、必要経費は変動する可能性がございます。

○費用に含まれるもの

・会費と申込金 (13,000円)
・渡航前オンライン研修費
・宿泊費(12泊分)
・食事(現地1日2食)
・SDGs研修費
・アクティビティ費、移動費

×含まれないもの

・海外旅行保険(必ず入ってください)
・オプショナル旅行 (3,000円〜、※遠出がある場合)
・洗濯 (1週間で500円くらい)
・お小遣い

※その他経費が発生する可能性があります

FLOW

お申し込み方法/参加までの流れ

01.

説明会申し込み

まずはオンライン説明会にご参加ください。

参加方法は、以下の「説明会へ申し込む」ボタンより、応募フォームの送信をお願いします。

02.

エントリー

説明会へご参加いただいた方は、本エントリーへお進みください。応募多数の場合は、事務局による選考となる場合がございますので、ご了承くださいませ。

エントリー締め切り:
9月30日(金)23:59まで

03.

オンライン面談

エントリーをご提出いただいた方の中から、選考に通った皆様へメールにて面談のご案内をお送りします。

(10月中/日程未定)

 

04.

参加者決定!

参加が決定した12名の方は11月以降に行われる事前研修にご参加ください。

来年春の渡航に向けて準備をはじめましょう!

01.

説明会申し込み

まずはオンライン説明会にご参加ください。

参加方法は、以下の「説明会へ申し込む」ボタンより、応募フォームの送信をお願いします。

02.

エントリー

説明会へご参加いただいた方は、本エントリーへお進みください。応募多数の場合は、事務局による選考となる場合がございますので、ご了承くださいませ。

エントリー締め切り:
9月30日(金)23:59まで

03.

オンライン面談

エントリーをご提出いただいた方の中から、選考に通った皆様へメールにて面談のご案内をお送りします。

(10月中/日程未定)

 

04.

参加者決定!

参加が決定した12名の方は11月以降に行われる事前研修にご参加ください。

来年春の渡航に向けて準備をはじめましょう!

《説明会開催日》

9月 7 日(水) 14:00~15:00
9月14日(水) 14:00~15:00
9月17日(土) 17:00~18:00
9月23日(金) 16:00~17:00

《説明会開催日》

9月 7 日(水) 14:00~15:00
9月14日(水) 14:00~15:00
9月17日(土) 17:00~18:00
9月23日(金) 16:00~17:00

上記の日程にご参加できる日がない場合は、LINEよりご相談ください。

\ お申し込みはこちら /

F.A.Q.

よくある質問

日本人のファシリテーターもおりますので、語学面での苦手意識がある場合もご参加可能です。 しかし、今回のプログラムは英語を中心にコミュニケーションをとりながら活動を進めていきますので、最低限の英語能力は必要となります。言語がある程度通じなくても伝えようと努力していただける姿勢が大切になります。

LOOB(ロオブ)は2001年から20年以上、フィリピンのイロイロ市を拠点に活動してきました。「一方的な支援でなく、現地の人と共に学び成長する」をモットーに、国際ワークキャンプや研修事業などを通じて、草の根の青少年活動とコミュニティ開発を実施してきました。今回のキャンプは地域密着型のLOOBが長年活動してきたノウハウと、現地とのコネクションの強さという土台があるからこそできる活動をプログラムに詰め込んでいます。13日間という短期間ですが、多方面に学びのある経験がしていただけると思います。

現地の活動日程は確定していますが、国内での事前研修の日程は現時点では未定です。詳しくはオンライン説明会でご確認ください。

日本およびフィリピンの水際対策、および現場での感染拡大対策に従って活動して頂きます。2022年6月1日時点でフィリピンの感染者は全国で200人未満ほどに収まっており、活動や外出制限はありません。LOOBプログラムではマスク使用、ソーシャルディスタンス、アルコール消毒、検温等で参加者の健康管理を徹底しております。

【出入国時に必要なもの】

【日本フィリピン

●ワクチン接種証明書
∟3回接種者
→ PCR陰性証明は不要

∟2回接種者
→ PCR陰性証明が必要
*アプリダウンロード必要

【フィリピン→日本】
●出発前72時間前PCR陰性証明書が必要
(イロイロ市内で行います)

※2022/9/7以降、ワクチン3回接種者は帰国時のPCR検査は不要となっています(2022/8/24時点)

*上記は必要要件の一部です。

なるべく説明会へのご参加をお願いしておりますが、どうしても予定が合わない場合は直接エントリーいただ来ことも可能です。

分からないことがある場合は、LINE からご連絡いただければLOOBのスタッフに直接キャンプに関する質問が可能です。お気軽にお問合せください。

Add friend

その他、ご質問のある方は公式LINEからお気軽にご連絡ください。

loobsdgscamp_logo2
エントリー締め切り

2022/9/30(金)23:59まで

\ まだ説明会に参加していない方 / 
\ すでに説明会に参加した方 /

ご応募お待ちしております!

loobsdgscamp_logo2

エントリー締め切り

2022/9/30(金)23:59まで

\ まだ説明会に参加していない方 / 
\ すでに説明会に参加した方 /

ご応募お待ちしております!