!DOCTYPE html> LOOB教職員スタディツアー

青少年育成とコミュニティ開発のフィリピンNGO LOOB

 ホーム > 海外ボランティア > 教職員スタディツアー 参加者の声 > 申込フォーム

2018年夏 教職員スタディツアー参加者募集!

フィリピンの教育現場から多様性を学ぼう

この教職員スタディツアーは日本の教職現場に生きる方々が集まり、「子どもと貧困・教育」というテーマで、人権感覚を磨きあうプログラムです。常夏の太陽、明るい笑顔、ココナツの木、おいしい食べ物に包まれた村で、心も体もリセットしませんか?初めての方も、ぜひご参加下さい。

募集概要

日程 2018年8月11日(土)~15日(月)4泊5日
参加費 参加費43,000円(+航空券約5~8万円)
定員 約15名前後
開催場所 フィリピン・パナイ島イロイロ市
締切 2018年7月末(定員に満たない場合は募集継続しますのでお問い合わせ下さい)
活動内容
  • 学校でボランティア授業
  • 都市貧困エリアの訪問交流
  • ホームステイ2泊
  • プレゼン発表会 
  • 世界遺産訪問/観光

LOOBのプログラムが面白い3つの理由!

①現地ユースと共同生活!

初日からLOOBの現地ユースボランティアが合流し、最終日まで一緒に活動します。ブラザー、シスターと呼び合う仲になり、フィリピンのことを教えてもらえます。

②現地に根差したNGO活動から学ぶ!

LOOBが住民組織と共に行っている教育サポートや学童を視察します。「子どもと貧困・教育」というテーマで意見交換を積極的に行います。

③現地の体験を英語でアウトプット!

ツアーの最後には、一緒に過ごした仲間とオープンフォーラムで経験を振り返ります。アウトプットすることでさらに経験を深めることができます。

活動内容

1.学校でボランティア授業

公立学校を訪問し、日本を紹介する特別授業をお願いしております。子ども達に教えることで、現地の教育現場を体感することができます。授業の後は、現地の先生方との懇談会。フィリピンの教育の現状や課題についての意見交流も行います。

2.都市貧困エリアの訪問

LOOBが支援するごみ投棄場のある地域、もしくは先住民コミュニティのいずれかを訪問します。経済発展の一方で増え続ける都市貧困生活者のお話しを聞きます。女性の生計支援プロジェクトも視察します。。

3.ホームステイ 

一般的なご家庭に2泊ホームステイさせて頂きます。受け入れ先のご家庭は、決して裕福ではありませんが、人と人が協力する暮らしの中で、新しい価値観をたくさん見つけることができます。

4.プレゼン発表会

ツアーの最後には、上記の3つの活動を通して発見したことをグループで発表します。日本人だけで考えるのではなく、一緒に過ごしてきたフィリピン人ボランティアとの経験の振り返りとなります。

活動スケジュール

8月11日(土) 夜イロイロ到着
フィリピンボランティアと合流
シェアハウス宿泊
8月12日(日) 午前:オリエンテーション
午後:ごみ山もしくは先住民コミュニティ訪問
ホームステイ
8月13日(月) 午前:高校訪問&意見交換会
午後:ランチ&オープンタイム@世界遺産の教会
ホームステイ
8月14日(火) 午前:小学校を訪問&交流授業
午後:オープンタイム
シェアハウス宿泊
8月15日(水) 午前:プレゼン発表会&評価会
午後:イロイロ市観光&ショッピング
夜:イロイロ出発

 

プログラム申込みまでの流れ

STEP 1 2018年夏の案内書は下記からダウンロード頂けます。

LOOBスタディツアーPDF案内書

STEP 2 申込みは下記フォームから

STEP 3 国際線とフィリピン国内線を手配下さい

不慣れな方には、LOOBがアシスト可能です。日本から他の参加者と一緒にいけるよう、事務局と調整して下さい。

STEP 4 申込金13,000円をLOOB口座にお振込み下さい

申込金(参加費に含まれます)のお振込みで、正式な申込となります。振込口座はこちら

STEP 5 事前研修

2018年7月中旬@関西で予定:顔合わせや&最終確認を予定しています。事前研修に参加できない方もお気軽にご相談下さい。