LOOBワークキャンプ&スタディツアー

ワークキャンプ&スタディツアー記録
Archive for Workcamp and Studytour

第22回パナイ島ワークキャンプ

ワークキャンプ:建設した教室の前で記念撮影 期間:2007年8月31日~9月2日
開催地: パナイ島ナムコン
参加者: 日本人10名、フィリピン人5名
活動内容:
・スモーキーマウンテン訪問
・ワーク(教室建設)
・ホームステイ
・小学校で日本文化紹介
・フレンドシップナイト
ワーク・プロジェクト(教室建設)

教室数が足りなく、グランドで「青空教室」が行われることもあったナムコン小学校。先生とPTAの要望で、既存の壁を利用して、簡易の教室を建設しました。次回のワークキャンプで完成となりますが、既に用具置き場として先生と児童により活用されています。

日本人キャンパーの声 1. WAKANA

 一番驚いたのがトイレとお風呂。私達は部屋の中でお風呂に入ったが、フィリピン人は服を着たまま体を洗うことにびっくりした。トイレットペーパーを使わないことも驚き。でも想像していたより日本に近い技術もあって、TVがあったり、音楽を聴いたりとまさにNO MUSIC NO LIFEで面白かった。最高の10日間でした。

フィリピン人キャンパーの声 2. MAI

 This is the first time that I had a "sister" who find it difficult to express herself. During the first night while my other sister was sleeping, it took me a long time to understand what she means, my patience was tested. I proved that language barrier is not a hindrance in having a deeper friendship I feel that she is willing to share and to know things about me and about Filipinos in general but it was really hard for her. I just hope that I have given her enough time and shared with her enough informatin.

日本人キャンパーの声 3. YUSUKE

 ホームステイ先でキャンパー優先で良い部屋を貸してくれたり、洗濯、食事もよそから来た人間に対してすごく良くしてくれた。フィリピン人キャンパーも日本人達が楽しめるよう影で気を使ってくれていた。すごい温かいと思った。また、近所の人とのつながりが強いことや、お金がなくて日本に出稼ぎに行かなければいけない人がいることなど、日本とフィリピンの価値観/文化の相違点を知った。

フィリピン人キャンパーの声 4. TONI

 Hospitality of Filipino is one of traits that we can share not only to foreign people but also to our fellow Filipino. This hospitality is such a wonderful thing that our foster family shared to us. The friendship that we share to all of capmers is also a wonderful thing because even though we differ in culture and values we treat one anoher as real sister and brother.